スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.08.16 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

日本の最初の乾杯は笑われた?

JUGEMテーマ:雑学

 

通常であれば、お盆で親戚が集まったり、帰省して地元の友人と会ったりしてお酒を飲む機会が増えるこの時期。お酒の席と言えば、乾杯で始まることがお約束ですよね。でもこの乾杯って、いつから始まったものなのでしょう?

 

日本で行われるようになったのは意外と新しく、明治以降なのだとか。1854年の日英和親条約協定後、特派使節であるエルギン伯を招いての晩餐会でのこと。イギリスでは元首の健康を祝って杯を交わす習慣があるので、ここでもそれを行いたいとエルギン伯が提案したそうです。

 

しかし、乾杯という習慣などなかった日本の幕臣たち。どういうものか分からないながら、何とか礼を尽くそうとしたのでしょう。一番生まじめで厳めしい井上信濃守が、会話が途切れて静かになった時に立ち上がり、高い声で「乾杯」をして黙って着席したのです。突然のことにイギリス側は耐え切れず、どっと笑いだしたのだとか。

 

誠意を尽くそうとして笑われた井上信濃守にはお気の毒ですが、おかげで場が和んだのではないでしょうか。その後、西洋文化が広まり洋酒を飲む機会も増えていく中で、乾杯も普及していったとのことです。

 

ちなみに、最初の乾杯の掛け声は「万歳」だったのが、これは天皇陛下への祝賀を意味した言葉だったため、それに変わる言い方として杯を飲み干すという意味の「乾杯」という言葉が生まれたのではないかという説があります。だとしたら、井上信濃守が言ったのも「万歳」だったのかもしれません。

 

コロナ禍のせいでなかなか人が集まりにくい昨今。また楽しい乾杯ができるが1日も早く実現することを願ってやみません。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.08.16 Sunday

この記事に対するコメント

コメントする