空を泳ぐ鯉に何を願いますか?

JUGEMテーマ:雑学

 

5月5日は子供の日ですね。もともとは端午の節句と言って男の子の成長を祝う日なのはご存じでしょう。今ではあまり見られなくなりましたが、一戸建ての家が多かった頃は、それぞれの庭先に大きな鯉のぼりがゆうゆうと泳いでいました。でもどうして鯉を竿に吊るして空に泳がせるようになったのでしょう?

 

かつて将軍家では、男子が生まれると家紋の旗や幟を立てて祝う風習があり、それにならって武家も男子が生まれると幟を立てるようになりました。端午の節句に鎧や兜を虫干ししたところから、江戸時代になると男子のいる家で幟や吹き流しを立てるようになり、吹き流しを立てることが許されなかった町人の間で、鯉のぼりが揚げられるようになったのだそうです。

 

なぜ鯉?というのは、中国の黄河上流に竜門という激流の滝があり、そこを登り切った魚は霊力が宿って龍になると言われた故事からという説。昔、中国の楚の国にいた屈原という政治家であり詩人がねたまれて失脚し、汨羅江(べきらこう)の淵に身を投げて死んでしまったのを哀れに思った楚の国の人が、紙の鯉を作って祀ったことに始まるという説などがあります。

 

邪気を払うために菖蒲を軒先に差したり菖蒲湯に入ったりするのは、「男子たるもの武を尚ぶ(たっとぶ)べし」と言ったことから「尚武」と「菖蒲」をかけたものと言われます。

 

戦う時代が終わり平和になった今、争うことを良しとせず、運動会でも順位を決めずにみんなで手をつないでゴールするなどということが行われるようになりました。でも、子供の頃はまだ良くても、成人して社会へ出れば厳しい競争社会が待っています。競わせないというより、競争社会に翻弄されない芯の強い子に育てることが大切な気がします。

 

マンションのベランダ用や室内飾りの鯉のぼりもあります。お子さんがいなくても、たとえば自分を励ますために「天高く泳ぐ鯉のぼりのようにゆうゆうと生きていけますように」と願って飾ってみてはいかがでしょう。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.05.15 Friday

この記事に対するコメント

コメントする