蛇口から水がまっすぐ出るのは当たり前じゃない!?

JUGEMテーマ:雑学

 

今やどこのご家庭にもある水道。当たり前のように毎日便利に使っていますが、蛇口の中をのぞいて見たことはありますか?

 

公園や学校の水飲み場で、上に向けた蛇口の中を見た人なら知っているかもしれません。大抵の蛇口には、ギザギザの金具がはめ込まれています。これは整流板というもの。

 

水道は蛇口に達するまでに、長い曲がりくねった道を通ってきます。この運動の慣性が残っていて、そのまま蛇口から出るといろいろな方向に水が飛び散ってしまうのだとか。この不規則に広がるのを抑えるために整流板が取り付けられていて、おかげでピンポイントでコップに水を注ぐことができるのだそうです。

 

庭などに取り付けられた水道の中には、ホースカランと言ってホースを接続して使う用のものがあり、これには整流板が付いていなかったりするのでお気をつけください。

 

最近では、レンジフード用の整流板というものも登場。これはレンジフードに取り付けて吸い込み口を狭くすることで、より吸引力をアップさせるというもの。気づかないうちに、生活の身近なところでこうやって物理学や流体力学が活かされているんですね。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.02.21 Friday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする