リーゼントは前髪のことじゃない!?

JUGEMテーマ:雑学

 

80年代、ツッパリと呼ばれる血気盛んなメンズたちの間で流行ったのが、リーゼントというヘアスタイル。前髪をオールバックにして高く盛り上げ後ろへ流し、両サイドの髪を後ろへなでつけたスタイルです。当時を知らない人でも、ツッパリやヤンキー漫画などでご存知の方もいるでしょう。

 

もともとこの髪型が流行したのは1930年代のイギリスはロンドン。左右に分かれた道路が途中で膨らみ合流するリーゼントストリートに似ていることから、そう呼ばれるようになったそうです。後ろになでつけた形がアヒルの後ろ姿に似ていることから、別名ダックテール。

 

ん?ということは?前方が大きく膨らんだ髪型の前方部分がリーゼントなのではなく、左右に分かれてから合流する髪型のことをリーゼントと言うんですね。ちなみに前方が膨らんだ髪型のことはポンパドールと言うのだそうです。みやぞんさんや綾小路翔さんの髪型は、前髪がポンパドール、後頭部がリーゼントということになります。

 

エルビス・プレスリーのロカビリーブームで1950年代に日本に入ってきてから半世紀。最近はすっかり見かけなくなりました。80年代のツッパリ高校生の青春を描いた漫画「今日から俺は」が2018年にTVドラマ化されてブレイクしましたが、主人公2人の髪型は金髪パーマと尖ったツンツンヘア。脇を固めたツッパリ仲間たちにもリーゼントと思わしき人は見かけませんでした。もしかしたらライバル校の中にいたかな?ぐらい。ちょっと泥臭くて今の時代にはそぐわないのでしょうか。

 

でも、同時代に女子の間で流行した聖子ちゃんカットは、ドラマ「あまちゃん」の有村架純さんやバラエティ「ゴチになります」の二階堂ふみさんの影響か、きゃりーぱみゅぱみゅさんがインスタで聖子ちゃんカットを披露したりと、流行に敏感な女子の中で今風にアレンジして取り入れている人もいるようです。流行は繰り返すもの。リーゼントも、カッコイイキャラが現れたらまた復活するかもしれませんね。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2019.10.21 Monday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする