スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2019.06.30 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

競争社会の厳しさを知り尽くしている受験の神様

JUGEMテーマ:雑学

 

受験シーズン到来。受験生のために天神様のお守りを買い求めた人もいるのでは。

 

学問の神である天神様。祀られているのは、平安時代の貴族であり学者だった菅原道真公です。なぜこの人が受験の神様になったのでしょう?

 

菅原道真は優秀な人材で、学者では珍しく右大臣にまでなった人。ところがこの出世を妬んだ藤原時平の陰謀に遭い九州の太宰府に左遷されてしまい、そのまま失意のうちに病死してしまいました。その後、皇室に雷が落ちたり不幸が続いたため、道真の怨霊の祟りと恐れられ、霊を鎮めるために火雷天神という神様の称号をつけて北野天神に祀られるようになりました。

 

道真公の命日が2月の25日でまさに受験シーズ真っ盛りということから、受験の神様になったとも言われています。

 

天神というのは雷神のことで、本当は道真以外の天神様もいたのに、今ではすっかり天神様と言えば道真公のことを指すようになりました。

 

波乱に富んだ人生だったものの、最終的に神様になったのですから道真公は大出世したと言えます。これから厳しい競争社会を生きる受験生たちに、強いエールを送ってくれることでしょう。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2019.06.30 Sunday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする