太陽系の並び順で年齢が分かる?

JUGEMテーマ:雑学

 

「太陽系の並び順を知ってる?」と聞かれた時、何て答えますか?「水金地火木土天冥海」と答えた人は、3040代ではないでしょうか?

 

通常は「水金地火木土天海冥」で並んでいるものが、冥王星の軌道が大きく傾斜しているため海王星の内側に入ってしまう時期があります。ちょうど1979~1999年がそうで、この20年間だけは海王星と冥王星の位置が逆になり、「水金地火木土天冥海」になっていました。なので、この時期に小学生〜中学生だった人は、「水金地火木土天冥海」で覚えている確率が高いと言えます。

 

習ったことがいつの間にか変わっているというのはたまにあること。かつて、世界一長い川はミシシッピ川でした。しかし現在は、1位ナイル川、2位アマゾン川、3位長江でミシシッピ川は4位になっています。

 

川が伸びたり縮んだりしているのでしょうか?それとも測量ミス?そうではありません。新しい水源が発見されたのです。ナイル川、アマゾン川、長江は水源地帯の地形が完全には解明されていないため、調査が進むことで新しい水源が発見されました。その分が加算されて全長が伸びたのです。

 

また日本史で、鎌倉幕府の成立はかつて1192年で「イイクニつくろう鎌倉幕府」と覚えていましたが、1192年は源頼朝が征夷大将軍になった年であり、鎌倉幕府はその前に成立していたという新たな解釈により今の教科書は1185年「イイハコつくろう」に変わっています。

 

何事も変化していくのが世の常。教科書で習ったことでも例外ではないということですね。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2018.10.31 Wednesday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする