歌舞伎の掛け声「○○屋!」って何?

JUGEMテーマ:雑学

 

最近では若いファンも多い歌舞伎。外国人向けのイヤホンガイドもあり、海外からの旅行者人気も高まっています。歌舞伎というと、演目の途中のここぞ!という時に「成田屋!」「音羽屋!」などの掛け声が入りますね。これは役者さんの屋号。成田屋は市川團十郎、音羽屋は尾上菊五郎などと決まりがあります。

 

この屋号というのは、どこから来たのでしょう?それは昔の身分制度に関係するそうです。江戸時代に士農工商という身分制度があったのはご存知でしょう。この通常の民衆が良民とされるのに対し、更にその下に賤民と呼ばれて区別される階層がありました。穢多、非人と言われる人たちで、かつて役者は河原乞食という穢多に相当する低い身分でした。

 

ところが歌舞伎の人気が高まり経済力のある役者も出てきたことで、幕府は歌舞伎役者を良民と定めました。良民になったことで、表通りで商売をすることが許されるようになり、歌舞伎役者たちはこぞって化粧品屋、小間物屋、薬屋などを開き、その商いで使った屋号で呼ばれるようになったのだそうです。

 

市川家の成田屋のゆかりは、初代市川團十郎の父親が千葉の成田山新勝寺の近くの出身だったのと、成田山新勝寺の演目が大当たりしたことから来たそうです。毎年、節分に成田山新勝寺で市川家の歌舞伎役者さんたちが豆まきをするのはこんなご縁があったからなんですね。他の屋号も、出自や縁のある土地などに関係しているようです。

 

ところで、この屋号を呼ぶ掛け声は、誰が掛けているのでしょう?正式には決まりがなく、誰が掛けても良いものらしいのですが、演目の途中で大声を出すためタイミングが重要。演目の流れや知識を踏まえないとヤジのようになり他の観客の迷惑になってしまうため、基本的には「大向こうの会」という歌舞伎ファンのグループの会員さんがされているそうです。

 

ちなみに東京には、弥生会、寿会、声友会という3つの会があるとのこと。歌舞伎を見る機会があったら、絶妙のタイミングで入るこの大向こうさんの掛け声も楽しんでみてください。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2018.09.04 Tuesday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする