ブルージーンズは毒蛇避けだった!?

JUGEMテーマ:雑学

 

カジュアルファッションの代名詞とも言えるジーンズ。カラーデニムなどと呼ばれさまざまな色がありますが、定番はやはりブルージーンズですね。ジーンズはデニム生地を染めたものなので何色にでもできますが、どうして元々ブルーだったのでしょう?

 

最初にジーンズを作ったのはリーバイスの創業者のリーバイ・ストラウスさん。テントの生地を使い作業用ズボンとして作ったところ丈夫だと評判になり、ゴールドラッシュで沸いていた当時のアメリカで採鉱夫に広まったのだそうです。

 

初めは生成りの色だったのが、インディゴ・ブルーがガラガラ蛇除けになると言われたことから、ブルーで染められるようになったのだとか。どれほど効果があったのかは分かりませんが、ガラガラ蛇の恐怖にさいなまされていた採鉱夫たちにとっては、藁にもすがる思いがあったのかもしれません。

 

ところで、日本で初めてジーンズを履いたのは誰だかご存知ですか?それは、1902年芦屋市生まれの実業家 白洲次郎さんだと言われています。

 

民間人ながら、戦前から首相の側近として活躍し、戦後は占領軍と対等に渡り合い、時にはマッカーサーを叱りつけたことから、連合国側に「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた人。憲法改正やサンフランシスコ講和条約の締結にも力を尽くし、吉田茂首相が退陣すると風のように表舞台から去ったことから「風の男」とも呼ばれています。

 

カッコイイ生き方はファッションにも反映する。労働服だったジーンズも、こうした人が着ることで社会的価値が高められていったんですね。

 

2/17は白洲次郎さん、2/26はリーバイ・ストラウスさんの誕生日。お二人に敬意を表しカッコよくジーンズをはいて出かけましょうか。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2018.09.04 Tuesday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする