なぜ電話では「もしもし」と言うの?

JUGEMテーマ:雑学

 

電話での呼びかけの言葉と言えば「もしもし」です。でも普段の生活ではあまり使わないですよね。どうしてこの言葉が使われるようになったのでしょう?

 

電話交換が始まったのは明治23年。当時はまだ通話相手と直接話せる訳ではなく、電話交換手が間にいてかけた方と受ける方の番号をプラグでつなぐ作業が必要でした。かける人は、まず電話機の脇についたハンドルをグルグル回して電話交換手を呼び出します。交換手とつながったらかけたい相手の番号を伝え、交換手が相手の番号へプラグを刺し、さらにスイッチを押して「電話がかかっていますよ」と相手の電話機のベルを鳴らして知らせ、相手が出るとやっと通話ができるといった具合です。

 

この電話交換の公開実験記録を見ると、かけた人がまず「オイオイ」と電話交換手に呼びかけ、つないでもらって相手が出ると、ここでも「オイオイ」と呼びかけたと記されています。ずいぶん偉そうな言い方ですが、公開実験で電話をかける役となると、どこぞのお偉いさんだったのでしょうか。

 

電話が大衆に広まるにつれて「これからしゃべりますよ」と伝えるために「申します、申します」の意味の「もしもし」になったようです。「もしもしカメよカメさんよ」から始まる兎と亀の童謡が作られたのが明治34年なので、当時の人は普段から人を呼ぶ時に「もしもし」と呼んでいたことが伺われます。この名残が電話の呼びかけとして現代に残ったんですね。

 

遠くの人と瞬時に話せる電話はとても便利ですが、メールやSNSといったさまざまなコミュニケーションツールが発達した今、一方的にかかってきて自分の時間を奪われる電話を「時間のレイプ」と呼んで嫌う人たちもいます。親しき仲にも礼儀あり。相手へのお伺いを立てる気配りは忘れたくないもの。ましてや、いきなり「オレオレ」という人は相手にしないことですね。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2018.01.16 Tuesday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする